オフィス移転はスピード感がとても重要

オフィス移転はスピード感がとても重要

企業のイメージアップや業務の効率化を目的として、オフィス移転を考えているところが多くあると思われます。
オフィスは企業の顔となる場所なので、綺麗なところに移った方がイメージが良くなりますし、社員のモチベーションを高めることができるなど多くのメリットがあります。
最近はテレワークの普及によって自宅など好きなところで仕事ができる時代になりましたが、オフィスを無くしてしまうのはナンセンスです。
オフィス移転の際に重視するべきポイントは、スピード感を持って進めることです。
時間がかなりかかってしまうと、本来行うべき業務に支障が出てしまいます。
決めることが多くあるので準備に時間がかかることは仕方ありませんが、実際に作業が開始されてから終了するまでの時間は少なく抑えられるように工夫するべきです。
仕事を一旦ストップして作業に取り掛かることになるので、何日もかかってしまうのは評価できません。
1日から2日くらいがベストです。

オフィス移転の計画は全体を把握して時間を効率的に使うことが大切

オフィス移転をスムーズに終わらせるために大切になるのが計画です。
全体を把握して、正確に計画を立てることが出来れば、問題なく事が運びます。
大切なことは、移転のための作業を始めてから完了に至るまでの全体を通して考えることです。
部分的に検討していると、想定外の時間が必要になることもあります。
オフィス移転は、基本的には旧オフィスの退去から新オフィスへの入居までが対象になりますが、入居には稼働開始に至るまでの間も含めて考慮しておきましょう。
旧オフィスの退去には、原状回復工事なども必要になることがあるので、その点についても確認が必要です。
新オフィスへの入居に関しては、オフィスの選定から始めなければいけないので、情報収集などに使うための時間的な余裕が必要です。
効率的に時間を使うためには、同時に進められることと、段階的に進まなければいけないことがあることを知る必要があります。
それらを踏まえたうえで、時間の割り振りを整理することが大切です。

オフィス移転に関する情報サイト
オフィス移転のお得情報

コロナ対応として密を避けるような企業方針があり、テレワークを推奨しています。これに加えて、サテライトオフィスと言って事務所等業務ができるエリアを点在させる考え方も浸透してきているのです。これにより、通勤手段が変更できたり、通勤時間が削減できたりなどいろいろなメリットがあり働く環境の改善にもつながっています。不動産賃貸業者も、これに対応したオフィス移転で間取りやプランも設定しており、リーズナブルな価格を実現しているのです。

Search