オフィス移転のコストを抑えるコツ

オフィス移転のコストを抑えるコツ

オフィス移転にはさまざまな費用がかかり、予算内に抑えなければいけない担当者としては、頭の痛いところです。
しかし、オフィス移転にかかるコストを抑える方法はあります。
交渉次第で安くなるところを見つけて、粘り強く交渉するのがコツです。
退去することになるオフィスは、多くの場合借りた当時の状態に戻してから明け渡すという、原状回復義務が契約上定められています。
この工事は、オーナー側が指定した会社によって行われることが多いです。
その結果、相場より高くなってしまうこともありますし、高いとまではいかなくても相場より安いことは少ないです。
その工事に関して事前に明細を出してもらって交渉すると、意外と大きな差額が生まることがあります。
安く請け負ってくれる会社の見積もりをもって交渉すれば、効果を得やすくなります。
原状回復義務に含まれない工事まで含まれている場合もあり、その際は指摘することで省いてもらうことが出来ます。
意外と高額な工事が省けることもあります。

オフィス移転の費用節約にもなる中古のオフィス家具

オフィス移転時には、新しいオフィス家具を購入します。
特に狭いスペースから広いオフィスに移転する場合は、従業員が使用するデスクや椅子などの家具が足りなくなるため、用意する必要性は高くなります。
しかしオフィス移転時には引っ越し代金など多額のお金が必要になるため、家具を購入する資金にゆとりがないケースも珍しくありません。
ですが新品ではなく中古のオフィス家具を購入すれば、資金を費用を節約しながら万全の状態に整えられます。
オフィス移転の資金に余裕がないときには、活用したい方法の一つです。
中古のオフィス家具は状態が悪いと思われがちですが、絶対に悪いわけではありません。
新品同然の未使用品があったり、使用感がほとんどない良好な状態の家具もたくさんあります。
店舗で実際に確認すれば問題ないことがわかりますし、忙しくて実物を見に行けないというときも、写真などで確認すればきれいな状態の家具を購入してオフィス移転ができます。

オフィス移転に関する情報サイト
オフィス移転のお得情報

コロナ対応として密を避けるような企業方針があり、テレワークを推奨しています。これに加えて、サテライトオフィスと言って事務所等業務ができるエリアを点在させる考え方も浸透してきているのです。これにより、通勤手段が変更できたり、通勤時間が削減できたりなどいろいろなメリットがあり働く環境の改善にもつながっています。不動産賃貸業者も、これに対応したオフィス移転で間取りやプランも設定しており、リーズナブルな価格を実現しているのです。

Search